マボロエリアのおすすめコンドミニアム

セブ市の東に位置するエリアで、以前まではオフィスエリアから離れた閑静なエリア、
日本でいうベッドタウン的な地区でしたが、近年は新たなエリアの再開発により日本でも
有名な店舗がセブ一号店としてこの地区に出店したりと非常にホットなエリアになっています。

※隣接するKasambagan(カサンバガン)と併せてマボロエリアと呼ばれているため、
 カサンバガンエリアもここで紹介します。

コンドミニアムもこのマボロエリア周辺に数多く存在しており
上記の通りベッドタウンとして発展した背景からの住み心地の良さもあり
家族向け、単身向けと幅広いコンドミニアムをご紹介可能です。

マボロエリアの基本情報/マボロエリアのコンドミニアム情報

■ショッピング

マボロエリアにはモールはありませんがアヤラモール、SMモールへは
それぞれタクシーで10分程度で到着可能です。

日用品についてはFooda(フーダ)という大きなスーパーで一通り購入可能です。
また、以前までは日本の調味料などはマボロエリアでの入手が難しく、Foodaでたまに入荷するのを待つか
モール内のスーパー、他のエリアにあるスーパーのいずれかに行く必要がありました。

しかし現在、大通り沿いには新しく三河屋という日本の食材、調味料を購入することができるスーパーがオープンし、
長期滞在している駐在員等の現地で働く方をを中心に人気を集めています。
そのため、マボロエリアでも日本で慣れ親しんだ味をすぐに再現できる環境が揃っています。

三河屋

Fooda

■レストランの食事情報

ここマボロエリアには現在、現在セブでも屈指の人気エリアであるBonifacio Districtがおすすめのエリアになります。

ここには「CoCo壱番屋」、「三ツ矢堂製麺」といった日本でも有名なお店が店舗を構えています。
「UCCカフェ」もあり、現地の価格ではかなりの高額にもかかわらず週末はコーヒーを片手に
友達と談笑する人で溢れかえるくらいの人が来ます。

その他にも天ぷら専門店の「しおさい」大人気韓国料理店の「KAYA(カヤ)」等、このエリアには
マボロエリアだけでなくセブシティ全体で見てもクオリティの高い店舗が集まっています。

CoCo壱番屋

三ツ矢堂製麺

UCCカフェ

KAYA(カヤ)

Robinsons EasyMart(ロビンソンズ イージーマート)

■空港までのアクセス

渋滞が無ければ、セブシティまでは30分程度とお考えください。
 例えば、マボロエリアにあるCastle Peak Hote(キャッスル ピーク ホテル)から
 空港までは、30分程度、費用では、300ペソ程度(650円程度)となります。
 ※交通状況で大きく時間が変動いたしますのでご注意ください。

■セブシティから各ショッピングモールまでのアクセス

 アヤラセンター : 10~15分程度
 SMシーサイド : 20分から30分程度
 ロビンソンガレリア: 10分から15分程度

■リゾートまでのアクセス

 マクタンの各種リゾートホテルまで:30分~40分程度 (タクシーで300ペソ~500ペソ)

 例)Bonifacio DistrictからShangri-La’s Mactan Resort & Spa(シャングリラ マクタン リゾート)

■治安について

 セブ島の中では比較的安全なエリアになりますが、夜は外国人を狙った置き引きやスリが
稀に発生するため、複数人で行動すると安心です。

マボロエリア おすすめのコンドミニアム

1.Persimmon(パーシモン)

あまり情報が少ないコンドミニアムですがFor rentではお勧めしているコンドミニアムです。
敷地内にコンビニやレストラン、カフェやATMまで備えており、非常に生活をしやすい環境が整っております。
また、アヤラモール、SMモールが徒歩圏にあり、ショッピングにも困りません。
もちろんプールも備わっており、南国気分を満喫できます。

■家賃相場
 スタジオタイプ・・・16,000ペソから

■セキュリティ
 各棟で警備員が24時間体制で常駐

■MAP

☆オススメポイント
 1.コンビニやカフェがあり、仕事や授業後でも家のそばで食事や買い物ができる
 2.プール有
 3.SMモールやアヤラモールが側にあり好立地
 4.併設エリアにはATMも設置されており、現金を引き出しが簡単

2.Mabolo garden flats(マボロガーデンフラッツ)

セブ島でお仕事をしている日本人から非常に人気が高く、
また中心地寄りのマボロエリアの西側位置しているため、ビジネスパークやITパークへのアクセスも良好です。
近所にはバーやマッサージ店もあり、仕事帰りの体をマッサージもしくはアルコールが癒してくれること間違いなしです。
屋外プールも高層に位置しているため、雄大な景色を眺めながらプールに浮かんで日差しを浴びる、そんな夢のような生活が可能です。

■家賃相場
 スタジオタイプ・・・16,000ペソから

■セキュリティ
 エントランスにて警備員が24時間体制で常駐

■MAP

☆オススメポイント
 1.コンドミニアムのすぐそばにマッサージ店やバーがあり、手軽に寄ることができる。
 2.高層階にプール有
 3.売店が併設されており、一通りのものは購入可能
 4.アヤラモールから徒歩圏内と好立地
 5.大通りのそばのため、タクシーが捕まえやすい

3.One Oasis(ワン オアシス)

セブシティのコンドミニアムでも取り上げましたが、
やはりマボロ地区と言えばこちらのコンドミニアムをイメージする方が多いと思います。

日中はもちろんプールやバスケ、ジムでしっかり体を動かす環境があるほか、
敷地自体が広いため、敷地内をジョギングしている人も多いです。

また建物自体が大通りから離れており、夜はとても静かな環境で、オン/オフの切り替えがしっかりできるコンドミニアムです。

■家賃相場
 スタジオタイプ・・・16,000ペソから
 2ベッドルーム ・・・28,000ペソから

■セキュリティ
 メインエントランス、各棟でそれぞれ警備員が24時間体制で常駐

■MAP

☆オススメポイント
 1.閑静なエリアにあるコンドミニアム
 2.プール有
 3.バスケットコートあり
 4.目の前に小さな売店があり、菓子類なら売店で購入可能
 5.大きい敷地内で散歩やジョギングもできる

マボロエリアのおすすめコンドミニアムまとめ

マボロエリアのコンドミニアムとして、Persimmon(パーシモン)、Mabolo garden flats(マボロガーデンフラッツ)、One Oasis(ワンオアシス)をご紹介しました。
このほかにも、Lot8、Tancorなど様々なコンドミニアムがありますので、色々な物件を見てみてください。

マボロエリアのコンドミニアムのメリットはベッドタウンとしての生活のしやすさにあると思います、また、隣町のマンダウエ市、そしてITパーク、ビジネスパークを通るメイン通りにも隣接しており他のエリアに接続しやすいです。

ベッドタウンエリアとしてのベースを持ちながら繁華街へのアクセスも容易なため、家族語学留学を考えている方も生活するに困らない環境になっております。

コンドミニアム選びの参考になれば幸いです。

その他のエリアに関しては下記もチェックしてみてください。

➡ セブシティ コンドミニアムについてはこちらから
➡ IT パーク コンドミニアムについてはこちらから
➡ マンダウエ コンドミニアムについてはこちらから
➡ マクタン コンドミニアムについてはこちらから
➡ バニラッド コンドミニアムについてはこちらから
➡ タランバン コンドミニアムについてはこちらから
➡ ダナオ コンドミニアムについてはこちらから
➡ タリサイ コンドミニアムについてはこちらから
➡ リロアン コンドミニアムについてはこちらから。※工事中