セブシティのおすすめコンドミニアム

セブ島の中心地であり、フィリピンの中心部に位置するビサヤ地方の最大都市でもあるセブ市。セブ島で最も栄えているエリアになります。

日本の他に世界各国の企業がここセブシティでオフィスを構えているため発展が著しく、
大規模なショッピングモールやレストラン、カジノもあります。
交通の便もよく、日常生活を送るうえで不便さを全く感じないエリアになります。

上記の理由からコンドミニアムも単身者~ファミリータイプまでと非常に幅広いお部屋があり、
また次々と新しいコンドミニアムが建設されているため多種多様なニーズにお応えすることが可能です。

セブシティの基本情報/セブシティのコンドミニアム情報

■ショッピングモール

アヤラモールという高級ショッピングモールがビジネスパーク、ITパークにそれぞれあり、
ITパークというセブシティのビジネス街にも様々な施設があります。

また、それ以外にもSMシティモール、SMシーサイドモール、Robinsons Galleria Cebu(ロビンソン ガレリア セブ)等、
多くのモールもセブシティにあるため、ショッピングで街を回るだけでもかなりの時間がかかります。

左からアヤラモール、SMシーサイド、ロビンソンガレリア

 アヤラモールでは、生活する上で必要なものは全て購入可能です。

 ●洋服 : ユニクロ、ZARAを始めとして、様々なブランドが店舗を構えています。
     アクセサリーや、時計などの小物類なども購入可能です。

 ●携帯電話 : iPhoneの他にサムスンなどの有名なメーカーはもちろん
     日本ではあまり馴染みのないメーカーや、ローコストな機種など購入可能です。
     日本でお使いの携帯をあらかじめSIMフリー化し、
     現地のSIMカードを挿入して使うこともできますが、
     セブ島で使用する専用の携帯として安価な機種を購入する方も多くいらっしゃいます。

 ●食品 : ドライマンゴーといったお土産や日常でも多く使うお肉やお野菜といった生鮮食品の他、
     併設されているルスタンスという高級スーパーでは日本の調味料等も購入可能です。

 ●パソコン : 日本に比べると関税の関係で全体的に割高になりますが、
     PCゲームが人気のため、日本では見かけないような高スペックのゲーミングPCも販売されています。

■レストランの食事情報

 近年は日本からの店舗進出も進み、ペッパーランチやCoCo壱番屋、三ツ矢堂製麺といった
 日本でも有名な店舗がセブシティにも店舗を構えています。
 その他、たくさんの日本食、韓国料理、焼肉店、イタリアンなど、お食事にはまず困らないエリアです。

三ツ矢堂製麺の辛しつけ麺

カレーで有名なCoCo壱番屋

大人気韓国料理の「KAYA(カヤ)」

■観光地の有無

 セブシティ全体を見渡せる夜景スポットとして大人気のトップスや、
 ダウンタウンには毎週日曜日には多くの人が参拝に訪れる歴史的建造物であるサントニーニョ教会等もあります。

 また、SMシーサイドの向かいにCebu Ocean Park(セブオーシャンパーク)という
 水族館が新たにオープンし、現地の人や旅行客も多く訪れる人気のエリアとなっています。

サントニーニョ教会の大聖堂

マゼランクロスの十字架

Cebu Ocean Park(セブオーシャンパーク)の巨大水槽

■空港までのアクセス

 渋滞が無ければ、セブシティまでは30分程度とお考えください。
 例えば、ITパークから空港までは、30分程度、費用では、300ペソ程度(650円程度)となります。
 ※交通状況で大きく時間が変動いたしますのでご注意ください。

■セブシティから各ショッピングモールまでのアクセス

 アヤラセンター : 10~15分程度
 SMシーサイド : 20分から30分程度
 ロビンソンガレリア: 15分から20分程度

■リゾートまでのアクセス

 マクタンの各種リゾートホテルまで:30分~40分程度 (タクシーで300ペソ~500ペソ)

 例)ITパークからShangri-La’s Mactan Resort & Spa(シャングリラ マクタン リゾート)

■治安について

 セブ島の中では一番安心なエリアになります。
 ただし夜間に一人で出歩く場合はビジネスパークやITパーク等、
 繁華街に限った方が安全です。

セブシティ おすすめのコンドミニアム

1.One Oasis(ワン オアシス)

日本人や外国人からも人気のコンドミニアムになります。

プールがあり、バスケットのコートもあり、まったり出来るスペースがあるので、
休日に太陽浴びながら、プールで泳いだり、プールサイドでまったりしたり、
セブ島ながらの生活を過ごしていただけます。


徒歩圏内にCoCo壱番屋、三ツ矢堂製麺等が店舗を構えている「Bonifacio District(ボニファシオ ディストリクト)」というエリアもあり、日常生活に困りません。

■家賃相場
 スタジオタイプ・・・16,000ペソから
 2ベッドルーム ・・・28,000ペソから

■セキュリティ
 メインエントランス、各棟でそれぞれ警備員が24時間体制で常駐

■MAP

☆オススメポイント
 1.閑静なエリアにあるコンドミニアム
 2.プール有
 3.バスケットコートあり
 4.目の前に小さな売店があり、菓子類なら売店で購入可能
 5.大きい敷地内で散歩やジョギングもできる

2.Calyx Centre(カリックス センター)

各国から派遣されてきた駐在員を中心に大人気のコンドミニアムになります。ITパークの中心に位置しているため、ショッピングから食事、銀行の窓口まで完備しており、生活、仕事、プライベートの一通りがこのコンドミニアム一帯でカバーできます。

日本食一つをとってもセブ島で有名な「バリカタ」「幸(さち)」等ラーメン屋さんがあり、
目の前には24時間営業のカフェ、2、3分歩けばスタバや、ケンタッキー、ジョリビーなどの
ファストフードもすべてありますので何をする上でも非常に便利な立地です。

■家賃相場
 スタジオタイプ・・・25,000ペソから

■セキュリティ
 警備員が24時間体制で常駐。エレベーターの起動には専用のIDカードが必要

■MAP

☆オススメポイント
 1.ITパークの中心という圧倒的な立地の良さ
 2.プール有
 3.モールまで徒歩5分程度
 4.24時間営業のカフェやコンビニが徒歩3分以内のため生活がしやすい
 5.ラーメンを始めとする日本食が充実している

3.Avida Towers、Avida Towers Riala(アビダ タワーズ、アビダ タワーズ リアラ)

Avida Towes 1,2の二棟、そして少し離れたところにあるAvida Towes Riala 1,2,3の計5棟になるタワー型コンドミニアムになります。

またセブ島の中でも新しいコンドミニアムです。
そのため、内装も、外観も非常にきれいで人気の高いコンドミニアムになります。
ITパークの端に位置しており、近くにはマクドナルドや、コンビニエンスストア、各種レストランが隣接しており、社会人から留学生まで幅広い層からの人気があるコンドミニアムです。

■家賃相場
 スタジオタイプ・・・15,000ペソから
 1ベッドルーム ・・・25,000ペソから

■セキュリティ
 エントランスで警備員が24時間体制で常駐

■MAP

☆オススメポイント
 1.ITパーク内と好立地
 2.ナイトマーケットが目の前にあり、週末は美味しい現地の料理が安価で食べられる
 3.モールまで徒歩5分程度
 4.日本食レストランへもアクセスしやすい
 5.セキュリティも安心

セブシティのおすすめコンドミニアムまとめ

セブ シティのコンドミニアムとして、One Oasis(ワンオアシス)、Calyx Centre(カリックスセンター)、Avida Towers(アビダ タワー)とAvida Towers Riala(アビダ タワー リアラ)をご紹介しました。
このほかにも、Mabolo Garden Flats(マボロ ガーデンフラッツ)、Persimmon(パーシモン)など様々なコンドミニアムがありますので、色々な物件を見てみてください。

セブシティのコンドミニアムのメリットは他の地域と比較しても圧倒的な利便性になります。まずはセブ生活の第一歩としてセブシティで生活をしてからしてから、他のエリアに引っ越しするのもいいかもしれません。

特に会社のオフィスが日系、外資系問わず会社員としてセブでの生活を始める方は、通勤時間の短縮を目的にセブシティのコンドミニアムを借りることが多いです。
ショッピング等もしやすいため、留学生でも寮に入らずにセブシティのコンドミニアムで学校に通う方も多いみたいですね。

コンドミニアム選びの参考になれば幸いです。

その他のエリアに関しては下記もチェックしてみてください。

➡ マボロ コンドミニアムについてはこちらから
➡ IT パーク コンドミニアムについてはこちらから
➡ マンダウエ コンドミニアムについてはこちらから
➡ マクタン コンドミニアムについてはこちらから
➡ バニラッド コンドミニアムについてはこちらから
➡ タランバン コンドミニアムについてはこちらから
➡ ダナオ コンドミニアムについてはこちらから
➡ タリサイ コンドミニアムについてはこちらから
➡ リロアン コンドミニアムについてはこちらから。※工事中