一般就労ビザ(9g)保有者はどうなる? 2/1から変異種確認国からの入国規制が緩和されます

セブ島 コンドミニアム 賃貸はForRentで

みなさんこんにちは!

先日の記事で大使館のHPは定期的に確認するといい情報がありますよ、とお話ししましたが

2021年1月26日の新着情報で早速嬉しい?ニュースが!

内容は以下の通りです。

———————————————————————————

【ポイント】
●日本等からの外国人の入国禁止措置が 2 月 1 日から一部緩和されます

1 1 月 22 日、フィリピン政府は、IATF 決議第 95 号において、新型コロナウイルス
変異種が確認されている、日本を含む計 35 カ国・地域からの外国人の入国禁止措置
を、以下の条件のもと緩和することを発表しました。

(1)認定された国際機関・外国政府職員、及び医療・緊急的事情で比に入国する外
国人で有効なビザを保持している外国人。入国時には、フィリピン保健省の規定する
検査・検疫プロトコルに従うこと。

(2)フィリピン国籍者と一緒に入国するその配偶者及び未成年の子供の外国人は、
フィリピン国民に適用される 14 日間の施設検疫期間及び IATF が規定する検査・検疫
プロトコルに従うこと。

(3)フィリピン外務省(DFA)によると、企業関係者等でビジネス上真に入国の必
要がある外国人(既存の有効な査証保持者、査証の種類は問わない)は、フィリピン
政府機関の推薦状をもって再入国許可申請を受け付けるとのことです。その場合の必
要書類と申請先は以下の通りです。

ア 必要書類
(i)企業からの再入国申請書(入国申請者の企業でのポジションや役割、当該人物の入
国の必要性等が明記されているもの)

(ii)パスポートコピー及び査証のページのコピー

(iii) 関連するフィリピン省庁(貿易産業省(DTI)、エネルギー省(DOE)、公共事業
道路省(DPWH)、財務省(DOF)等の省庁)の推薦状(大臣の署名が必要)

(ix)その他参考書類等

イ 申請先(メールアドレス)
oca.visa@dfa.gov.ph または、
oca.exemptions@gmail.com

—————————————————

※在セブ日本国総領事館より一部抜粋

良い点としては

■1-(3)に”企業関係者等でビジネス上真に入国の必要がある外国人
 (既存の有効な査証保持者、査証の種類は問わない)
は、フィリピン政府機関の推薦状をもって再入国許可申請を受け付ける”

という文言があり必要な書類と推薦状があれば入国できるようになった?という点ですね!

※【1/28追記】
 今回の発表ですが、「既存の有効な査証保持者、査証の種類は問わない」とのことで
 フィリピン国内で発行されている有効な査証を持っていない場合は
 必要な書類をそろえても入国できない状態となっております。
 続報を待ちましょう。

これで今までフィリピンに入国したいけど入国できない、といった人も

正式に入国できる道ができました。

フィリピン国内の関係省庁の推薦状(大臣の署名付)ということで

どの程度大変な作業になるかは不明ですが身近で上記プロセスで入国する人がいる場合

作業の流れなどをこちらでも共有しますね。

■ところで9gビザはどうなるの?

問題(というか個人的に気になる)は以前、変異種が確認される前に発表された一般就労ビザ(9g)ビザの保有者の扱いです。

以前上記の記事で2020/12/17以降に

有効な9gビザを持っている状態で出国する外国人の再入国が認められていましたが

その後変異種の発生に伴い入国制限が再開。

そして今回の制限緩和ですがいつのまにか9gビザに関する文言が無くなっています。

それに代わるのが上記の1-(3)のような気もしますがいずれにしてももう少し情報が必要そうです。

変異種の発生からは外国人の往来も当面は絶望的かと思っていましたが緩和したのは意外でしたね。

とはいえここはフィリピン、明日明後日の記事で

今回の決定が覆ることも多々あるのであまり期待しすぎずに静観していきましょう。

読んでいただたきありがとうございます!また次回の記事でお会いしましょう!
よかったらこちらのクリックをお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

関連記事